家族葬の時に呼ぶ参列者の線引き

昔ながらに行われてきた一般的なお葬式では、参列する人たちの線引きを行いません。故人の親族や近所の人たち、そして友人知人すべてに連絡をして参列してもらうのが当然とされています。しかし、家族葬になるとこの参列してもらう人たちの線引きが必要です。  

家族葬は、参列者の人数を制限して小規模なお葬式を行うものです。昔ながらの一般的なお葬式と同じように通夜や告別式などを行います。しかし、参列者の人数を制限することで、規模が小さいながらも中身の濃いお葬式を行うことができます。最近の社会事情を考えれば、規模の小さなお葬式はピッタリなものであるという考え方もあります。特に近所付き合いや親族でも普段からお付き合いのない場合には、参列を断ることでお互いの負担を軽減することができるというメリットがあります。中には納得しない親族もいるので、後日お別れができる時間を設けることが必要な場合もあります。

親族であっても遠方に住んでいると、もお葬式に参列することは非常に負担のかかるものです。代表者だけでなく家族で参列する場合には宿泊費や交通費も馬鹿になりません。家族葬を行うときには、代表者が参列することで、金銭的な負担も軽減できます。このように、最近では家族葬を行うことでいろいろなメリットがあるため、利用する人達が増えています。  

ただし、参列者の人数を制限する場合であっても、故人が亡くなったということは関係者すべてに連絡することが必要です。亡くなった連絡をしないことが、その後のトラブルに発展することもあります。訃報の連絡をしてから、お葬式を家族葬で行うという旨をお伝えし、参列をお断りすることが大切です。