家族葬はどのようなスタイルのお葬式なのか

葬儀会社でも採用している家族葬ですが、実際にこのお葬式のスタイルはどのようなやり方か気になる人もいます。

家族葬が登場した時と現在では、内容も変わってきています。現在では、故人の希望するお葬式として家族葬を行うことが増えてきています。お葬式の内容も昔ながらの形式的なスタイル以外に、さまざまな形で行われるようになってきました。お葬式に故人の好きだった音楽を流あいたり、趣味にしていたことを映像で流したりすることもあります。ガーデニングが趣味だった故人の場合は、自宅でお葬式を行い庭から出棺するなどの演出を行うこともあります。今までと異なる演出ができるのも家族葬のメリットになります。参加する人たちにもこういったスタイルに理解してもらうことで、より円満にお葬式を進めることができます。

こういったオリジナルのお葬式は、故人の遺志である場合もありますし、遺族が故人らしいお葬式を行いたいということで選択する場合もあります。故人の生前の姿を思い浮かべながら最後のお別れをすることができるでしょう。家族葬は、生前故人と深いかかわりのあった人だけが参列して最後のお別れをすることで、故人も喜んでもらえると考えられています。故人の中には、事前に参列者を決めておく場合もあり、遺族の負担を考えて家族葬を選択することもあります。

このお葬式のスタイルが登場した当初は、やはりいろいろな人達から批判されることがありました。しかし最近では、それ以上に気持ちや費用の負担が軽くなることを喜ぶ人が増えることで、お葬式のスタイルとして受け入れられています。参列者の人数は少なくなりますが、基本的にお葬式の内容は昔ながらの一般的なお葬式と変わりません。お通夜や告別式などは一般的なお葬式と同じように行います。